ワタナベマキさんの「理想のすり鉢」

HERS à table」企画第二弾がこちら、ワタナベマキさんと作った「理想のすり鉢」です。

すり鉢というと、食材をすりつぶす道具というイメージはありませんか? もちろんそれも正解ですが、料理家のワタナベマキさんが求めるのは器としても使える、美しいすり鉢。

「すり鉢に目がない」というワタナベさんと、HERSがコラボし、理想のすり鉢を作りました(HERS夏号でもご紹介しています)。その理想の形を製品に仕上げてもらったのが、作家の安齋新さん・厚子さんご夫婦です。道具としても器としても美しいこちら、ぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

>>関連記事はこちら