八木橋 昇

栃木県生まれ。多摩美術大学絵画科卒業後、栃木県小砂と滋賀県信楽にて修行を積む。現在は、土ものの器らしいあたたかみを表現しつつ、現代の食卓で気軽に使える器を作り続けている。

 

作品一覧へ