内田可織

東京都八王子市生まれ。多摩美術大学油絵科陶芸専攻卒業。2018年に、東京都渋谷区にstudio knot設立。土鍋や耐熱の器をはじめ、急須や湯呑み、お皿などを伝統的な粘土や釉薬を用いながらも、新しい和を感じられる陶器を心掛けて製作している。

 

作品一覧へ