我戸幹男商店

明治41 (1908)、山中温泉にて我戸木工所として創業。木地師の意思を受け継ぎ、素材の剪定、木地の精度、透明感のある拭漆、すべてを完璧に仕上げることを重んじ漆器を制作。この高い技術によって一つ一つ丁寧に挽き上げられた器が、世界中から評価を受けている。

作品一覧へ